ワイナリー 2015.11.19

デュバル・ルロワ Duval Leroy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュバル・ルロワ Duval Leroy 
産地:シャンパーニュ、ヴェルテュ Vertus, Champagne

france

設立年:1859年
オーナー:キャロル・デュヴァル=ルロワ
シェフ・ド・カーヴ (醸造責任者):
サンドリーヌ・ロジェット=ジャルダン
自社畑:200ha

革新的に質を追求するメゾン
 シャンパーニュ商人であったアルマン・ルロワは、1855年に非公式に行われた最初のシャンパーニュ格付けを目にし、優れたシャンパーニュ造りにはブドウ栽培から醸造に至るまで、一貫した品質管理が欠かせないと気づきました。彼は、パートナーとなる醸造家を時間をかけて探し、自分の考えに賛同するデュヴァル家と共に1859年の収穫期に、シャンパーニュ地方コート ・デ ・ブラン地区南のヴェルテュ(Vertus)にデュヴァル=ルロワを設立しました。その後、デュヴァル=ルロワ家は各地区にまたがる日当たりのよい丘陵地の畑を買い増し続け、6代にわたりメゾンは継承されています。

デュヴァル=ルロワでは、収穫後ブドウを新鮮な状態で圧搾するため、5つの村に16機の圧搾機を設置しています。シャンパーニュ・メゾンでは初めてISO9002を取得し、徹底した品質管理システムを導入しています。再生可能エネルギーに投資を行い、太陽光電池パネルによる電力供給や、オフィスや醸造内からの廃棄物を10年以上保証するリサイクル・マネージメントなどを実施しています。

有数のグラン・クリュ、プルミエ・クリュの所有者デュヴァル=ルロワはグループ企業に属さないシャンパーニュの独立メーカーとして、モンターニュ・ド・ランスとコート・デ・ブランに200haを誇るプルミエ・クリュ(一級畑)とグラン・クリュ(特級畑)を所有し、とりわけコート・デ・ブラン地区では最大級のプルミエ・クリュ所有者のひとつとして知られています。良質なブドウの豊富な供給元である利点は、NVキュヴェのクオリティの高さと安定した質にも見てとることができます。

またデュヴァル=ルロワは、ネゴシアン・マニュピュランとして、オーガニック認証の畑を所有する数少ない生産者として知られ、シャンパーニュで最初に有機認証畑のブドウからシャンパーニュをリリースしたメゾンでもあります。フランス農務省認証機関が認定するエコセールの認証を持つキュミエール村の「オーサンティ」の畑からは
100%ピノ·ノワールを使用したブラン·ド·ノワールが造られます。

キーワードは、「女性」「繊細さ」「気品」
夫亡き後、1991年当主となったキャロルは、同社の新しいアイデンティティを創造するにあたり、「ファム·ド·シャンパーニュ」(シャンパンの女性)」の名を冠したプレステージ・キュヴェを造ることを決定しました。グラン・クリュ100%のブドウを用いて造られるファム·ド·シャンパーニュは、力強い個性を放ちながらも、エレガントに、繊細で、フェミニンなシャンパンを表現しています。

 シェフ・ド・カーヴであるサンドリーヌ・ロジェット=ジャルダンとともに、「女性、繊細さ、気品」というイメージを描きながら、独自のシャンパーニュのスタイルと個性を追求しています。

ワイン文化のスポンサー
 デュヴァル=ルロワは、フランス文化の継承として高度な技能を持つ職人に授与されるM.O.F.(フランス国家最優秀職人賞)のソムリエ部門、「ヨーロッパ最優秀ソムリエ・コンクール」、フランスの「最優秀若手ソムリエ・コンクール」 などのスポンサーとなり、シャンパーニュを通してプロのサービス人材の育成に力を注いでいます。
 日本においても、日本ソムリエ協会が主催する若手ソムリエ育成プログラムのスポンサーとなり、毎年3名の入賞者をフランスに招へいしています。

キャロル・デュヴァル=ルロワ

 キャロル・デュヴァル=ルロワはシャンパーニュ産業界で最も精力的
に活躍するCEOの1人で、2007年にはレジオンドヌール勲章とレオポ
ルド勲章を受けました。また女性として、初めてシャンパーニュ生産
者団体の会長にも任命されました。2013年には、栽培・醸造・販売など
多岐にわたる部門における長年の環境対策が評価され、フランス「ト
リビューン」紙の企画「ビジネス・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の「グ
リーン・ビジネス」部門を受賞しています。

フルール・ド・シャンパーニュ・プルミエ・クリュNV

(デュバル・ルロワ)

8859-Fleur-de-Champagne-Premier-Cru-46x158
 ○  ●  ○ 
 ●  ○  ○ 
 ○  ●  ○ 
 ○  ●  ○ 
 ○  ●  ○ 
 ○  ○  ● 
 ○  ●  ○ 

テイスター: 田中克幸

しっとりとした緻密な質感の中にさまざまなディティールが見え、抜けのよい軽快さと密度感を両立する、高級ワインらしい味の構成。ある意味そっけない、ある意味大変に洗練された、べたつかない距離感。2015/10/8

評価:★★★★

ブリュット・デザイン・パリNV

(デュバル・ルロワ)

8059-デザインパリ-48x158
 ○  ●  ○ 
 ●  ○  ○ 
 ○  ●  ○ 
 ○  ○  ● 
 ○  ●  ○ 
 ○  ○  ● 
 ●  ○  ○ 

テイスター: 田中克幸

いろいろな要素がそつなく、しかし大変にセンスよくまとまった、名前にふさわしい軽やかなワイン。ソフトでさらっとしつつも芯の強いイキイキした酸。青と赤のリンゴ的な無駄なくフル-ティな香り。2015/10/8

評価:★★★

テイスター: 宮地英典

細やかな小麦の香り、華やかで軽快な果実味を酸が静かに調和をもたらしている。良い意味で中庸でシチュエーションを選ばない万能タイプ。2015/10/8

評価:★★★+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加