コラム 2016.01.24

泡のあるワイン 座談会Vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
securedownload-81

クレマン・ド・ブルゴーニュNV/ジル&ロマン・コレ

宮地:これはシャブリのエリアのシャルドネで造られる泡です。ところで八田さんはシャルドネをあまり飲まないんですよね。

田中:それは分かりますよ、シャルドネは下品だから。でもあの下品さがいいんですよ。まぁそれはともかく、このワインはシャンパーニュ型の泡を造ろうとしている。

宮地:今日初めてシャンパーニュを連想させてくれるワインですね。

田中:シャブリのすぐ北はシャンパーニュです。土壌だってオーブと同じ。サンセールとシャブリとオーブは今ではまったく違う産地だと思われているけれど、これらはひとくくりにしていい。昔はブドウをシャンパーニュに運んでいってたし。しかしこのワインを通して考えねばならないのは、クレマンの立ち位置、存在意義です。

宮地:シャンパーニュでいいです、もしくは普通のシャブリでいいです、ということになったら意味がない。

八田:シャンパーニュに似ているかも知れないけれど、ブラインドで出てきた時、シャンパーニュとは言いません。余韻も短い。

田中:フリンティなシャブリの清涼感を泡が引き立てていないのが不思議。しかしこのワインは逆に、シャブリは本当に清涼感のあるすっきりタイプのワインなのかという疑問を抱かせてくれる。シャブリって、意外に粘土っぽい土です。シャブリの個性とは粘りであり重たさだと、実は言える。とすると、この重量感のある味は、やはり泡がシャブリの本質をスティル以上に明らかにした結果。IMG_2064

宮地:私はこのワインに使われているシャルドネの酸化耐性の弱さが瓶内二次発酵に向いていないのではないかと考えます。

田中: 熟成という話が先ほどからちらちらと出てきますが、私はそもそも瓶内熟成、つまり澱との長期間の接触ということが絶対的、無条件的にいいとは思っていない。そもそもスパークリングには泡タイプと澱タイプのふたつあるんですよ。プロセッコやさきほどのさくらスパークリングは泡タイプ。澱の味をよしとするのは、シャンパーニュ・スタイル。澱の味が常にプラスになるかは考えないといけない。

宮地:プレステージ・シャンパーニュのスタイルを真似て、RMも含めここ15年くらい澱タイプが流行ってますよね。スパークリングワイン製造の規定も瓶熟期間が盛り込まれている。

田中:この記事の読者にはブルゴーニュ好きも多いと思いますが、だからこそ真面目に問いたいのですよ、クレマン・ド・ブルゴーニュは本当に現状でいいのかと。シャンパーニュと同じ事やっているだけでは永遠にシャンパーニュの後塵を拝するのみ。八田さん、クレマン・ド・ブルゴーニュで心底美味しいワインを飲んだことありますか?

八田:ないです。(笑い)

宮地:クレマン専門で作っている生産者の中にはいいものもありますよ。

八田:けどシャンパーニュと比較したらキビシいですよ。

田中:私はアリゴテの泡には期待したいです。収量下げて樽発酵して中途半端に高価なワインを造るより、ピノ・ブランやピノ・グリと混ぜてアンセストラルで泡にしたほうがブルゴーニュならではの魅力が出るはずです。ピエモンテのエルバルーチェ・フリザンテから学ぶことがある。地域名のシャルドネとピノ・ノワールももっと泡バージョンを造ってほしい。モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ポマールの地域名つまり平地の畑のピノ・ノワールのクレマンを飲んだことがありますが、これが本当に素晴らしい。地域名のスティルよりずっといい。テロワールの悪さの部分が目立つスティルと比べたら、泡はテロワールの良さの部分に焦点を当てる。ポテンシャルのない畑でグラン・クリュと同じ造りをしても楽しくない。もっと新しい味わいのワインが産まれてもいいじゃないですか、それだけのポテンシャルがあるのだから。

泡のあるワイン座談会Vol.4に続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加