コラム

【ドイツ/ザクセンのワイナリー】世界最高峰のヴァイスブルグンダー「クラウス・ツィマリンク」

East-Germany-044-min-285x214
 クラウス・ツィマリンク※見るからに整ったきれいな形をした畑、名高いグロース・ラーゲ、ケーニッヒリッヒャー・ワインベルク。土壌は花崗岩と片麻岩。 ザクセンのワインとしてはたぶん最も高い値段。VDPメンバー。他のワイナリーの人も「あそこは高い。でもよく...
特集 田中 克幸

ワインと酸化防止剤 Wine&Presavetive

現在もワインにおける酸化防止剤、亜硫酸、二酸化硫黄に関する議論はとめどもなく尽きません。これはどうやら日本だけに限った事ではなく、健康志向の高まりや食品の安全性などと並行して議論されているようです。酸化防止剤とは?輸入ワインのバックラベルを見れば酸化...
コラム 宮地 英典

ヴィーニンガーの居酒屋

12186667_1059603080738564_7665368292768563310_o
ウィーンで最も有名なワイン生産者のひとりであるWieningerはホイリゲも運営しています。ホイリゲがブッシェンシャンクと異なり、このように温かい料理も出します。写真はかぼちゃのクリームスープとウィーン風仔牛のカツレツ。ここに来るのは何度めか分からな...
コラム 田中 克幸

今飲むべきピノ・ノワール Domaine de la Cote

securedownload-2
今なお世界最高のピノ・ノワールの銘醸地としてブルゴーニュは名を馳せています。ピノ・ノワールとは何か?ブルゴーニュの名声を支えるブドウ品種であり、世界中の醸造家が自家の畑に植え、その何かを追い求め続けています。カリフォルニアでのピノ・ノワールの始まりは...
コラム 宮地 英典

キャップシール Capsule

12304388_1176108409083734_8417804913067096754_o
キャップシールを剥がした方がワインはおいしい?ワインボトルの瓶の口は大抵がキャップシールで保護されていますが、もともとはコルクの虫食いやネズミよけとして鉛が使われていました。現在では鉛の有害性が指摘され、ポリ塩化ビニールやアルミニウムでつくられていま...
コラム 宮地 英典

ワインの栓 Wine Clousures

IMG_1855
ワインの栓は永らく天然コルクに専任されてきましたが、90年代には世界中で代替栓の研究が盛んになりました。これはコルク臭の問題をいわゆる新世界の生産者やワイン業界が看過できなかった事が原因だと考えられ、その後オセアニアを中心にここ15年であっという間に...
コラム 宮地 英典

シャンパーニュ生産者デュヴォー・インタビュー Jean Noel Girard(Devaux) Interview

securedownload-11
 田中:こんにちは、田中克幸です。今日はシャンパーニュ・メゾン、デュヴォーの輸出責任者、ジャン・ノエル・ジラールさんにお話を伺います。ジャン:こんにちは。ジャン・ノエル・ジラールです。デュヴォーはシャンパーニュ地方、コート・ド・バールにある...
コラム 田中 克幸

ワインの保管 Storage of Wine

securedownload-10
よくワインの保存について尋ねられるのでこの場所を借りて思うところを列挙してみます。まずワインの保存で重要なのは温度、湿度、光、振動の4つというのは概ね議論の余地のないところだと思います。4つの条件のなかで、湿度と振動がワインの冷蔵庫での保管に向かない...
コラム 宮地 英典