コラム

西オーストラリアワインの自然さ

17951759_1656122187749018_5013582142261064571_n
 最近、忘れられてないか。西オーストラリアワインと言う言葉を聞くことが少ない。メジャー生産者が居並ぶバロッサを擁する南オーストラリアは永遠の定番である。冷涼オーストラリア好き、ピノ好き、新進生産者好き、カルトワイン好きがよく口にするのはヴィクトリア、...
コラム 田中 克幸

第一回公開座談会:チリワインの魅力

chile0402
今や輸入量第一位とまでなったチリワイン。その魅力を改めて見直そうという座談会が、先日東京・人形町のモリモトハウスで開催されました。チリワインはコンビニを始め津々浦々に手頃な価格で行き渡っていますが、安さと親しみやすさ以外の魅力はどこにあるのか。昨年ま...
コラム 編集部

フーデックスでのボルドー&ボルドー・シュペリュールのブース

Bfoodex (2)
 フーデックスでもフランスは相当の数のワインブースがありました。興味深かったのはボルドーとボルドー・シュペリュール生産者組合のブースです。  これらはボルドーの中でも最もベーシックなアペラシオンです。ボルドーというと、どうしても格付けシャトーのような...
コラム 田中 克幸

ヴァンサン・レシュノー

レシュノー (2)
八田の試飲会に行ったら、ドメーヌ・レシュノーの当主、ヴァンサン・レシュノーさんがいました。  生真面目な性格の、緻密で直線的な味のブルゴーニュワインを造ります。ニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌですから、それが土地のキャラクターと合っています。レ・ダ...
コラム 田中 克幸

マリー・エ・フランソワ・ジロー メーカーズ・ディナー後記

FullSizeRender (16)
フランス、南ローヌのシャトーヌフよりマリー&フランソワ・ジローのフランソワさんが初めての来日。渋谷の僕の古巣、bedでメーカーズ・ディナーを開催しました。おかげさまで満員御礼、ご来場いただいた皆様ありがとうございます!!フランソワさんもなんか楽しかっ...
コラム 宮地 英典

南アフリカのデザートワイン

FullSizeRender (12)
南アフリカには行ったことがないけれども、輸入元ラフィネさんのおかげさまでワインに関してはずいぶん身近に感じるようになりました。南アフリカのワインが質的に向上したのは民主化後のことで、90年代にもリーズナブルな南アワインがいっとき注目されましたが、悪名...
コラム 宮地 英典

雲仙の野菜 旬八青果

FullSizeRender (8)
旬八青果をご存知でしょうか?2010年設立ながら都内に10店舗を構える八百屋さん。スタッフの方も若い方ばかりで、「新鮮さとコミュニケーション」を標榜する、さながら八百屋ベンチャーといった趣のチームです。旧知の友人が(システム・エンジニア!)旬八に転職...
コラム 宮地 英典

オーストラリアワイン@青山

FullSizeRender (6)
青山の某オフィス。広告会社のワイン事業部の立ち上げの可能性をはらんだワイン会を過ごしてきました。とてもユニークな会社で、スタッフの方は皆さん海外居住経験ありとのこと。どういったテーマのワインのラインナップにするかというところで、担当の方の一人がオース...
コラム 宮地 英典

ロッカ・ディ・モンテグロッシ・メーカーズ・ディナー後記@Il Pregio

FullSizeRender (2)
イタリア、トスカーナの名門生産者ロッカ・ディ・モンテグロッシのマルコ・リカーゾリさんが来日。代々木上原イル・プレージョでメーカーズ・ディナーを開催しました。マルコさんの祖先ベッピーノ・リカーゾリは1847年にサンジョベーゼ70%、カナイオーロ15%、...
コラム 宮地 英典

リベラ・デル・デュエロとトロ

____ 006
 何回か、スペインワインの試飲会に連れていっていただいた。あまりスペインワインに触れる機会はないとはいえ、どこでどう飲もうと、確かなことがあった。最も完成度の高いワインはリベラ・デル・ドゥエロだった。味が偉そうだった。自信に溢れていた。濃密でいて鈍重...
コラム 田中 克幸

初心者向け ボルドー赤ワインの基本

redwine
 ボルドーワインが日本に輸入されるフランスAOCワインの半分を占める以上、日常生活においてフランスワインをより楽しむためには、好き嫌いは別としてボルドーに関する知識はあっても損することはない。ボルドーが皆無のワインショップやフランス料理店は珍しいだろ...
コラム 田中 克幸