コラム

アルザス Domaine Leipp-Leinninger

Leipp-Leinninger1
バールの町の中心部にあるドメーヌ。キルシュベルグ・ド・バール、ゾッツェンベルグ、ウィーベルスベルグのみっつのグラン・クリュを所有する。  2010年からオーガニックを始めており、自然なワイン造りに対して意識が高い。同じように考える若手生産者との交流も...
コラム 田中 克幸

アルザス Boeckel

Boeckel1
▲五代目となるジャン・ダニエル・ボエケルさん。  戦争中に爆撃を免れ、古のアルザスの趣をそのままに残すミッテルベルグハイム村。ここで1853年に創業され、23ヘクタールの畑を有する生産者がボエケルだ。創業時にはネゴシアンであり、「村の人からブドウを買...
コラム 田中 克幸

アルザス Domaine Schlegel Boeglin

Schlegel Boeglin1
▲なだらかなフォルブルグの丘。フォルブルグ2ha、ツィンコッフレ2haのグラン・クリュを含む、計13haを所有。  フォルブルグは南向きから東向きへとL字型をしている、73・61ヘクタールの大きなグラン・クリュである。アルザス委員会のホームページでフ...
コラム 田中 克幸

アルザス Domaine Heywang

Heywang1
▲ハイリゲンシュタイン村の中にあるドメーヌ・ヘイワングの外観。  他の村のある生産者が、「おいしくもないのに誰もが最近欲しがるから商売のためにしかたなく買いブドウで作っている」と苦々しく語っていた、クレヴネル・ド・ハイリゲンシュタイン。おいしくないば...
コラム 田中 克幸

アルザス Maison Lissner

Maison Lissner1
▲ピアノを弾く当主のブルーノ・シュローゲルさん。  アルテンベルグ・ド・ヴォルクスハイムのリーダーと言っていいドメーヌである。実際、当主ブルーノ・シュローゲルさんはヴォルクスハイム村の栽培家組合会長だ。オーガニック栽培を実践するアグロノミストにして公...
コラム 田中 克幸

アルザス、Domaine de l'Envol

l'Envol1
▲ドメーヌを切り盛りする若いオーナー、左からラファエル(31歳)、カトリーヌ(28歳)、ダニエル(25歳)  2016年8月に誕生したばかりの新しいドメーヌ。ドメーヌ・ヒルジンガーの娘カトリーヌ・ヒルジンガーが、メゾン・フロイデンライヒの息子ラフェエ...
コラム 田中 克幸

アルザス Domaine Louis Scherb

Louis Scherb1
▲遠くからでも目立つドメーヌの外観。  グベルシュヴィール村からゴルデールの丘を見上げると、右上に大きな家が見える。それがルイ・シェルブのドメーヌだ。訪問中もひっきりなしにお客さんが入ってくる。オフシーズンでこれなら、ヴァカンス時期ならさぞ人気のワイ...
コラム 田中 克幸

アルザス Domaine Gueth

Gueth1
▲ドメーヌ・ゲットの醸造所外観  ジュラ紀石灰岩地質のグラン・クリュ、ゴルデールの丘最上部に区画を有するドメーヌである。現当主ジャン・クロード・ゲットの父親は、1982年にアルザスで最初にステンレスタンクによる発酵・熟成を行ったひとり。また空気圧圧搾...
コラム 田中 克幸

アルザス Domaine Dischler

Dischler1
▲ドメーヌ・ディシュレールの外観。いたって普通の農家。  アルテンベルグ・ド・ヴォルクスハイムの生産者である。所有畑面積は11・5ヘクタールと、ある程度大きなドメーヌだが、別に有名でもなんでもない。特別なこともしていない。栽培も普通のリュット・レゾネ...
コラム 田中 克幸

アルザス2017年冬の取材

2017年の冬、アルザス・グラン・クリュに対する理解を深め、最新の状況を知り、また偉大な2015年ヴィンテージのワインをテイスティングするべく、アルザスでいくつかのワイナリーを訪ねてきた。   よく言われるように、アルザスは複雑な産地である。品種とテ...
コラム 田中 克幸